自転車との付き合い方

自転車の洗車方法とは

洗車方法

自転車は毎日乗っているとすぐに砂やホコリで汚れてしまうため、定期的に洗車を行って汚れ落としをしましょう。
まずは自転車についた砂やホコリを乾拭きで落とします。乾いた雑巾やハケ、ブラシなどで隅々まで丹念に汚れを払い落としましょう。
大まかな汚れを落としたら、今度は塗らしたスポンジや雑巾を使って洗車をしていきます。汚れがそれほど酷くない場合は洗剤が無くてもきれいになりますが、酷いドロはねや頑固な汚れがある場合は薄めた中性洗剤を付けて丁寧に洗車をしていきましょう。
自転車スタンドがある場合はスタンドを使用し、ない場合は自転車を逆さまにしてから作業を開始するとスムーズに洗車が出来ます。汚れが落ちるため、下を汚したくない時にはいらない布やシートを広げておくと安心です。
出来ればパーツを取り外して行うと、より細かい部分まで汚れを落とすことが出来ますが、難しい場合は出来る範囲で汚れを落とすことが出来ればピカピカになるでしょう。

自転車の収納テクニック

自転車にはいろいろなモデルが存在していますが、基本的な内容を見ながら一番よい結果を見ておく部分がポイントとなります。
走行性や機能面に特化したモデルの多くは、収納を含めた内容を打ち出していることから、これからの展望を慎重に見ていく要素が大切です。期待に応えるような内容を見ていくことで、日常使いから本格的なサイクリングまで幅広い使い方ができるようになっていきます。
その一方で収納テクニックを公開しているようなサイトも現在は多くなっているため、参考にできるものであればどんどん採用させていく意識が重要です。
乗り心地に優れた自転車に関しては、タイヤやハンドルの形状に一工夫がされているものが多いので、用途に応じた内容を慎重に見ていく部分が基本となります。
自転車の展示会も都市部では積極的に公開されているので、機会を見つけて参加してみるような状況も重要です。魅力あるデザインに触れることも、今後は重要となるわけです。

注目サイト

納骨堂を東京で利用

2017/7/21 更新