自転車との付き合い方

自転車の最高峰としての魅力があるロードバイク

長く乗り続ける自転車

ロードバイクは、自転車の種類の中では最高峰に分類される車種で、車体の軽さと丈夫さが大きな特徴です。
特に精密な部品で作られているために、コンポーネントも同一のメーカーが作り、一切の妥協をせずに組み立てられています。
ロードバイクのタイヤは、自転車の種類の中では特に細く、表面の溝が少なくなっています。
細くて溝の少ないタイヤは軽いだけでなく、舗装された道路を高速で走るためにも適しているために、ロードバイクという名前が付けられています。
愛好家は単純にバイクと呼ぶことが多いですが、機能は確かに普通の自転車を超越しています。
ハンドルがドロップ式で、サドルが非常に高くなるのも特徴です。
速く走ることを再優先にして設計するために、スタンドやカゴなどの余計な部品を付けることは稀です。
ロードバイクとは言っても、販売されている車種によって値段や品質は大きく変わります。
一般的には10万円前後のモデルが使われることが多いですが、中には自動車並みの値段の車種もあります。

ミニベロとはどういった自転車なのか

自転車はその形状によっていくつかの種類に分類されますが、その一つとなっているのがミニベロです。
ベロとはフランス語で自転車のことであり、ミニとはそのまま小さいという意味です。
ですからミニベロという言葉の元々の意味としては「小さな自転車」になります。
ただ現在では折り畳み式の物もありますので、ミニベロという場合には特に折り畳みをすることが出来ない小径車のことであると考えて良いでしょう。
この自転車としての特徴は何よりもそのコンパクトさにあります。
折り畳みモデルと同等クラスの小ささでありながら、いわゆるママチャリと呼ばれるような安価なシティサイクルよりも遥かに優れた乗り味を見せてくれるのが魅力です。
価格によって性能には差が出てきますが10万円以上の価格帯であれば性能面もかなり高く、小径車特有の優れた安定感は本格的なクロスバイク、マウンテンバイクに勝るとも劣りません。
タイヤが小さいこととほとんどのモデルにサスペンションがついていないことからマウンテンバイクなどと比べると悪路の走破能力に少々劣るところがありますが、それでも街中で乗りたい、コンパクトで取りまわしやすいモデルが欲しいというニーズを叶えるのであれば最高の選択肢に成りえるでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

横浜のリサイクルショップ
http://39r.jp/

最終更新日:2016/12/21