自転車との付き合い方

自転車とバイクの言葉の歴史

長く乗り続ける自転車

自転車は英語ではバイクと呼ばれることが多いですが、日本においては、自動二輪車の意味で使われることがほとんどです。
この用語はバイシクルの短縮形として、19世紀末に誕生しました。
もともとはアメリカ英語ですが、今では英語圏全体で使われています。
自転車にモーターが付くようになると、用語は変化してモーターサイクルなどの言葉が生まれました。
日本ではオートバイという和製英語も作られ、独自な文化として定着しました。
言葉としてのバイクの歴史をたどれば、ラテン語にまでたどり着くことになります。
バイリンガルなどの接頭辞と比べれば、数字の2つの意味で共通していることも分かります。
原動機付自転車については、法律用語のために一般的ではなく、普通は単純に原付と呼ばれることが多くなります。
バイクに自転車の名称が付くと親しみを感じると同時に、低速な乗り物の印象を与えることがあります。
ところが、ロードバイクなどのスポーツタイプであれば、原付を凌ぐほどの高速で走ることもできます。

電動自転車は楽に運転できます

自転車はエコな乗り物で小回りが利くので、買い物をすることや日常の足として利用されている乗り物です。
他の乗り物と比べても価格も安いので、子どもからお年寄りまで幅広い年代の人に楽しまれる乗り物です。
車の免許証がない人にとっては唯一乗れる乗り物で手軽に乗れます。
自転車は自分の力で動かすので、体力がない人には辛い乗り物でもありますが、電動のものを使うと楽に運転できます。
自転車は漕ぎ始めが一番大変なので、その力を電動でアシストしてくれるのです。
毎日乗る人は面倒に感じる人もいますが維持費が安いということや、電動ということで軽い力でも乗れるということで、高齢の人や小さい子供でも楽です。
重い荷物を載せている場合や、子どもが乗っている場合には乗り始めは不安定になって危ないですが、電動のものは安全で楽に運転ができます。
通常の自転車よりも高額ですが、保険に入ることにより、紛失した場合や盗まれたときにも問題がありません。

Valuable information

渋谷のマッサージ店を探す
http://rirakustore.com/

Last update:2016/7/14