自転車との付き合い方

自転車チェーンのメンテナンス・交換

長く乗り続ける自転車

自転車は、適度に調整しなければその性能を十分に発揮できません。
そこで今回は、自分でできるチェーン部分のメンテナンスについて書いてみたいと思います。
まず、注油についてです。
自転車に乗っていると、ブレーキの効きが悪くなったり、変な音が出てくることがあります。
このような場合には、チェーンにオイルをさしましょう。
注油するときには、フレームやホイールにオイルがかからないように、カバーをかけましょう。
特に、ブレーキゴムには絶対にオイルをさしてはいけません。
ブレーキが効かなくなり、事故の原因になりかねません。
このような部分にオイルが付いてしまったら、面倒でもしっかりと拭き取りましょう。
もうひとつ、チェーン交換についてです。
交換用チェーンとチェーンカッターがあれば作業が出来ます。
どちらも専門店やネット通販サイトから購入できます。
実際の作業としては、先ずはカッターで古いチェーンをカットしましょう。
それから新しいチェーンを取り出し、取り敢えずは古いチェーンと同じ長さになるように調整します。
調整が済んだら、前後の変速機にチェーンを取り付け、後ろの変速機のアームが地面に垂直になるようにつなぎ合わせます。
チェーン長に余りが出るときには、その部分をカットして微調整します。
うまく微調整できたら、チェーンを重ねてピンを差し込み、チェーンカッターでしっかりとつなぎあわせてオシマイです。

自転車を通販で購入するメリット

インターネットには売ってない商品はないというぐらい色々なものがあります。
例えば、店頭販売で基本的に購入するのが当たり前のような自転車などもその1つです。
みなさんはなかなかインターネット通販で自転車というとイメージが思い浮かばない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
最近では各社が工夫をしながらインターネット通販に取り組んだ結果、近くに自転車屋さんのない方でも買える環境が整いつつあります。
実店舗と違い豊富な種類の中から選ぶことができるため、ほしい商品が見つかるかもしれません。
通販のメリットとしては、重い自転車を自分で家まで運ばなくていい、という点です。
配送は基本的に宅配便業者が輸送してくれるので手間暇かからず自宅で待っているだけでOKです。
中には防犯登録を受け付けてくれたり、組み立てまでしてくれるサービスのものもありますので、必要な方はチェックしてみてはいかがでしょう。
つまり、通販をしているところはたくさんありますので、付加価値を求めることで業者を絞り込むことができやすくなります。
ただ、どのようなサービスを求めるかは人にもよるため、最終的な判断は自分で行うか、家族などと相談の上で決めるとよいでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

実務者研修
薪ストーブ
リーブ21
宅配 弁当 高齢者
鏡開き

2017/10/20 更新